LEAGUE DOOR

INNOVATE
THE WAY
FOOTBALLER
LIVES

Micanga

本気でサッカーをする選手たちのためのアプリ「ミサンガ」。テクノロジーの力で、サッカー界のスカウト活動に新たな視点を創出します。所属チーム・実績・人脈の枠組みに捉われず、全ての選手がチャンスを掴める、そんな世界を目指しています。
Our Purpose
フットボーラーの生き方を革新する
レギュラーになるため
全国大会に出るため
日本一になるために
必死で努力している選手は多いけど
「プロになって活躍する」という
自分自身のキャリアに対しては
無意識的に受け身な選手が多いのが実態だ
監督のツテがないから...
選抜に選ばれなかったから...
スカウトが来ないから...
そんな声を無くして
自ら道を切り拓いてく選手を増やしたい
全ての選手が自分のキャリアの主体者になれる
サッカー界の新しい仕組みを創出します
Our Mission

全選手がポートフォリオを持つ

 日本では、基本的に中学・高校・大学はそれぞれ同じチームに居続けるのが常識ですが、サッカー先進国では、より適したチームに身を置くため育成年代選手も当たり前に移籍をします。(選手登録がチームごとではなく選手個人で行われているなど、仕組みの違いも大きく影響しています。)

 この良し悪しは別として、日本サッカーの構造が「主体的なキャリア観」を育みにくい環境になっていることは事実です。だからこそ我々は、選手自身がプロフィールやプレー映像を蓄積し、自分の価値を表すポートフォリオを持つ文化をつくります。

スカウトに新たな選択肢を

 取得できるデータに限りがある「育成年代選手」の獲得は本当に難しい。だからこそ"強豪校"や"よく知っている指導者"から優先して選手を獲得しているのが実態です。ただ、その影響で一部のチームに選手が過剰に集まり、才能が埋もれやすい構造が生まれているのも事実。

 我々リーグドアは、テクノロジーの力で今までのスカウトにはない手法を構築し、新たな選手とチームの出会いを創出します。

個性を活かす

 評価軸が変われば選手の価値は変わります。今は評価されていない個性も、異なるチームやリーグでは、大きな"強み"に変容することも珍しくありません。もちろん、「置かれた環境で試行錯誤し続ける力」も必要不可欠ですが、「自分の個性を活かせる環境を主体的に勝ち獲る力」もプロの世界で活躍するために欠かせない力です。

 だからこそ我々リーグドアは、プロを目指す育成年代の時期から、選手自身が自分の個性やパーソナリティを深く理解し、主体的にサッカーキャリアを選択していける世界の実現を目指しています。